Posts in Category: 未分類

第73回日本書芸院展(役員展)開催

 

毎春恒例の「伝統と創意」第73回日本書芸院展が平成31年4月24日(水)より4月28日(日)まで大阪国際会議場三階 特設会場で開催されました。
日本書芸院展は文化功労者・日本芸術院会員をはじめ、日本を代表する書作家の新作が一堂に展示されています。滴仙会からは伊藤一翔・西本茜堂・沼田碧漣・安田東鶴・福田蕉溪・小山芙麗・堀川寶文・若林采嬌・櫻田蘭翠・菅野東紅・西村和香・長谷川長龍・西尾湍笋・萬田珀笋の先生方14名が出品され「伝統と創意」の基本理念のもと漢字・かな・調和体の多彩な作品に、多くの人が会場に足を運び、作品の素晴らしさと迫力に見入っていました。
4月24日10時15分よりオープニングセレモニーが行われ開会式とテープカットが執り行われました。引き続き十一時からの記念講演会では、奈良大学文学部教授 上野誠先生による、「万葉集は言葉の文化財」と題した講演会が行われました。新元号「令和」が万葉集からの出典ということで、平成最後の記念講演会に相応しい実にホットなお話に聴講者の皆さんは熱心に聴き入っていました。


第73回日本書芸院 四月展 授賞式と懇親会開催

第73回日本書芸院 四月展 授賞式と懇親会開催

第73回日本書芸院四月展が平成31年4月9日より4月14日まで大阪市立美術館地下展示場にて開催されました。四月展は一科審査会員を対象にした展覧会です。今回は長崎の北村桂香先生・神戸の西本聖雲先生が日本書芸院展最高賞の史邑賞を受賞されました。平日にお邪魔しましたが、とてもすいてました。もっと多くの方が足を運んでくれればいいのになぁ~大阪市立美術館のメイン展示会場ではフェルメール展が開催!こちらは多数の入場者で盛況でした。
平成31年も後少し。そんな4月14日(日)第73回日本書芸院三月審査会の授賞式と懇親会が大阪リーガロイヤルホテルにて行われました。滴仙会からは北村桂香先生・西本聖雲先生が最高賞の史邑賞をご受賞され、壇上にて賞状と記念品が授与されました。
大賞は川崎華芳先生・田口瑞峰先生・茶屋道香翔先生・寺井恵風先生・中尾艸淺先生・西村玄洋先生・藤本琴江先生・横手希翔先生の8名の先生方が受賞されました。皆様おめでとうございました~\(^o^)/遠方から出席された皆様、お疲れ様でした。


臨書のススメ 講習会2019春 開催報告

臨書のススメ 講習会―王羲之書法から小作品へ―開催報告

 お花見日和の日曜日、四月七日、原田の森ギャラリーにて「臨書のススメ講習会」を開催致しました。講師は伊藤一翔理事長の予定でしたが、都合により急遽、安田東鶴副理事が来て下さいました。
昨年の第一回目に続き、「淳化閣帖」の内容や時代背景、そして王羲之の書法に基づく臨書から創作への展開方法などをご指導いただきました。伊藤理事長が今回の「淳化閣帖」を臨書されているビデオを見ながら、筆の持ち方、傾け方、つき方など、図解も交えて安田副理事長がわかりやすく解説して下さいました。
西本聖雲先生の「今さら聞けない!ということも遠慮なく、何でも聞いてください。」と、いうお声掛けにより、緊張がほぐれ、和やかな雰囲気と共に質問も増え、基本的なことや忘れかけていたことを改めて確認できました。安田副理事長の模範揮毫の後、それぞれ添削指導を受け、初心者からベテランの指導者まで、学びたいという気持ちで集まった参加者が思い思いに筆を運び、充実した楽しい一日となりました。
横浜や島根、和歌山など遠方からも多数ご参加くださり、その熱心な姿勢にとても刺激を受けました。いつもと違った場所で、いつもと違った仲間と学べる楽しさを是非、たくさんの方に味わってほしいと思います。次回は秋に開催予定です。お楽しみに!!

 


2019年 明けましておめでとうございます

明けまして おめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

     書道研究 滴仙会


茜真会書展2018 開催報告

茜真会書展を終えて

平成30年12月15日(土)16日(日)の2日間、神戸元町の「みなせ画廊」において、滴仙会顧問西本茜堂先生の主宰する茜真会の「茜真会書展2018」が行われました。前回の書展から4年が経過し、茜堂先生は本年で90歳を迎えられ、その記念すべき年にお祝いの意を込めた書展となりました。茜堂先生とそのご子息であり滴仙会常任総務西本聖雲先生の親子での合作「雙舞」を中心に、茜堂先生の奥様への感謝を表された「君の笑顔がうれしい」など、お二人の作品の数々と、それを囲むようにして多くの門下生の作品が並びました。当書展の「お馴染み」となりつつある手作り作品もバラエティに富み、皆に親しみやすい小作品の数々をご覧下さった来場者の皆さんからは、「品があるね。」「来て良かった!」など数々の温かいお言葉を頂きました。あっという間の2日間でしたが、滴仙会理事長伊藤一翔先生ご夫妻をはじめとし、300人を超える方々にご来場頂き、本当に充実した書展となりました。常に茜堂先生を真ん中に和やかな笑顔が集まり、会場の空気よく、全て先生のご人徳によるものだなぁと感じました。聖雲先生は茜堂先生に「次の書展は95歳にしよう。」とおっしゃっていました!いつまでもお元気で、老いてなお矍鑠と、私達弟子一同に更なるご指導を頂ける事を心より願います! (文責 野田岳豊)


改組 新 第5回 日展(第5科 書)入選者発表(滴仙会関係)

2018年10月22日に改組 第5回 日展(第5科 書)の
入賞・入選者が発表されました。

滴仙会より出品及び入選された方は以下の通りです。
おめでとうございました。

会員出品
伊藤 一翔 (兵庫)審査員

入選(会友)
福田 蕉溪 (奈良県天理市)
安田 東鶴 (大阪府大阪市)

入選
岡西 光剡 (兵庫県尼崎市)
北村 桂香 (長崎県諫早市)
菅野 東紅 (兵庫県加古川市)
西村 和香 (宮崎県延岡市)
西本 聖雲 (兵庫県神戸市)
野田 岳豊 (兵庫県神戸市)
長谷川長龍 (秋田県秋田市)
堀川 寶文 (兵庫県神戸市)
萬田 珀笋 (大阪府高槻市)

新入選
小松 璐秋 (秋田県秋田市)
安野 恭心 (兵庫県姫路市)

東京新国立美術館にて11月2日(金)より開催されます。

詳しくは日展ホームページにてご確認下さい。


第16回 瑩神会書道展 開催報告

第16回 瑩神会書道展を終えて

滴仙会書法展と同じ年から始まった「瑩神会書道展」は、第16回展を迎え、秋晴れ爽やかな10月13・14日の二日間、大阪北浜の大阪美術倶楽部(旧鴻池邸)で開催されました。
社中展という事もあり、篆隷楷行草・仮名・調和体・水墨画・篆刻に至るまで、出品は自由ですが、一つ条件があるとすれば、それは品格の高い作品に仕上げるという事です。1年のお稽古の集大成として、或いは日頃書きたいとは思っていても、なかなか書く事ができないものに挑戦したり、各自がそれぞれの想いで作品を発表しました。会場が床ではなく畳なので、落ち着いた雰囲気があるのと、いろいろな書を楽しめるという事もあり、この展覧会に来るとホッとします…というお声を頂く事もしばしばあり、有難い事だと思います。確かに少しずつではありますが、1年毎に充実した作品が増えてきていますので、油断なく精進を重ね、より良いものを創り出して頂きたいと願います。
それと私のライフワークである1年1作の折帖作品、22作目となる今年は「寒花帖」と命名しました。冬を詠った漢詩や和歌、水墨画など小さいながらも44作を集め折帖に仕立てたもので、今の自分の精いっぱいの作品です。23作目に向かい、また一年頑張りたいと存じます。
ご多忙の中お越し頂きました滴仙会幹部の先生方や会員の方々、そして他会派からも多数ご来場賜り、有難うございました。紙面をお借りして、厚く御礼を申し上げ展覧会の報告とさせて頂きます。(文責 安田東鶴)


第35回読売書法展 関西展

「第35回読売書法展 関西展」が9月5日(水)~9日(日)まで、京都市勧業館「みやこめっせ」で開催され、会場は連日多勢の方々で賑わいました。
この度の「第35回読売書法展」に出品された役員の先生方の作品は下記の星印よりご覧いただけます。

←クリックしてください。


第35回読売書法展 東京展 表彰式・祝賀会

 

第35回読売書法展 中央表彰式と祝賀会が8月25日(土)にザ・プリンス パークタワー東京にて行われました。

滴仙会からは伊藤一翔理事長をはじめ当番審査員の安田東鶴副理事長、読売新聞社賞の堺芳春先生、読売俊英賞の北村桂香先生、読売奨励賞の荒川瑠川先生・特選の永里香雪先生・矢野寿仙先生が出席されました。

おめでとうございました。(^_^)v


第16回滴仙会書法展 一般の部 開催

今年で16回目を迎える滴仙会書法展が平成30年7月6日(金)より8日(日)まで兵庫県立美術館王子分館原田の森ギャラリーにて開催されました。
会長亡き滴仙会の新たな挑戦となる第16回展は、初めての試みとして2階大展示室の入口に伊藤理事長・西本顧問・安田副理事長の大作を展示、また特別併催「第4回新鋭九層展」も開催することになりました。
しかし、今年は大変残念な天候でした。ご存知の通り西日本豪雨災害となる大雨の初日が作品搬入でした。木曜日からの大雨は翌日の開催初日のスタッフたちの交通手段にも大きな影響をもたらしました。又、九層展のメンバーたちは晴れの舞台が台無しとなる最低入場者数での開催初日となりました。帰宅時には交通手段が不通となり、加古川・姫路をはじめとする西方面の方々は大変な思いで会場を往復されたようです。開催2日目の土曜日も集中豪雨の悪天候は続き、最終日に行われる授賞式・懇親会の開催が危ぶまれましたが、天候と交通網の回復を望み開催続行となりました。日曜日には望み通り天候も回復し、多くの来場者を迎え、3日間で延べ3,800名を超える大勢の会員とご家族が、展覧会会場に訪れました。

会場の模様は、下記の特設ページにてご覧いただけます。
(下記をクリックしてください)

第16回滴仙回書法展(一般の部)会場

特別併催 第4回 新鋭 九層展 会場

また、会場にて配布しておりましたパンフレットが下記よりご覧いただけます。
(下記をクリックしてください)

第16回滴仙会書法展 配布パンフレット


第16回滴仙会書法展(学生の部)審査会・審査結果

5月21日(月)、滴仙会事務局本部会議室にて「第16回滴仙会書法展(学生の部)」審査会が行われました。

伊藤一翔理事長進行のもと、厳正に審査され、小中学生2284点の中から231点、

高校生121点の中から39点の特別賞がそれぞれ選ばれました。

第16回滴仙会書法展の学生の部、入賞者が決定しました。結果は以下の通り

第16回滴仙会書法展 学生の部入賞者一覧 ←これをポチッと!


第16回滴仙会書法展(一般の部)審査会・審査結果

5月13日(日)、原田の森ギャラリー301号室にて「第16回滴仙会書法展(一般の部)」審査会が行われ、伊藤理事長はじめ幹部の先生方、また本年度選出された当番審査員の先生方による厳正な審査が行われました。審査結果は下記のとおりです。


第46回 日本の書展 関西展 開催

第46回日本の書展 関西展が平成30年5月3日(木・祝)~5月5日(土・祝)までマイドーム大阪で開催されました。


第72回 日本書芸院 四月展・三月審査会 授賞式

4月10日(火〉より15日(日)まで大阪市立美術館にて第72回 日本書芸院 四月展が開催されました。最終日の4月15(日)第72回日本書芸院三月審査会授賞式が大阪リーガロイヤルホテルにて行われました。本会からも、最高賞の史邑賞(一科審査員より)を受賞された大島靖月先生・西本聖雲先生をはじめ、
大賞(二科審査員より)・特別賞(無鑑査員より)を受賞された方々が多数出席されました。
また、授賞式終了には同ホテルにて受賞祝賀懇親会が行われ、和やかな雰囲気の中、お互いの栄誉を称え合いました。


「伝統と創意」 第72回 日本書芸院展 開催

「伝統と創意」 第72回 日本書芸院展 が大阪国際会議場で4月11日(水)~15日(日)まで開催されました。10時15分よりオープニングセレモニーが行われ、理事長の黒田賢一先生のご挨拶と最高顧問の先生方のテープカットで開幕となりました。

滴仙会からの出品は以下の通りです。(内は日本書芸院の役職です)
伊藤一翔 理事長(常務理事)西本茜堂 顧問(参事)沼田碧漣 副理事長(参与)福田蕉溪 副理事長(参与)安田東鶴 副理事長(評議員)小山芙麗 専務理事(参与)堀川寶文 専務理事(参与)若林采嬌 専務理事(参与)櫻田蘭翠 専務理事(参与)菅野東紅 専務理事(評議員)西村和香 専務理事(参与)長谷川長龍 専務理事(参与)西尾湍笋 総務(参与)萬田珀笋 総務(参与)

4月12日(木)午前11時より滴仙会理事長 伊藤一翔先生(日本書芸院 常務理事)、日本書芸院常務理事 柴原月穂先生、日本書芸院常務理事 新谷泰鵬先生によるギャラリートークが行われました。重鎮の先生方のご作品を中心に詳しく解説され、来場された皆さんも真剣に聞き入っておられました。
第4回新鋭九層展のメンバー達も作品作りの参考に会場を訪れ、お話と共に大変勉強になった様です。m(_ _)m