第44回 日本書芸院 教養講座・定時社員総会

第44回 日本書芸院 教養講座・定時社員総会

平成25年2月17日(日)午後1時よりシェラトン都ホテル大阪 4階 「大和の間」にて

第44回 日本書芸院 教養講座が同志社女子大学学長  加賀裕郎 先生をお迎えして

「新島八重に学ぶハンサムな生き方」 と題した講演会が開催されました。

書芸院教養講座

 

「新島八重に学ぶハンサムな生き方」

同志社女子大学 学長    加 賀 裕 郎  先生

平成25年のNHK大河ドラマは、同志社の創設者・新島襄の妻であり、

同志社女子大学の前身の女子塾の開校・女学校の教育にも尽力した

新島八重の生涯を綾瀬はるかさんが演じる「八重の桜」が放映されています。

今回の教養講座では、これにちなみ同志社女子大学学長の加賀裕郎先生より、

新島襄と八重の教育理念や女性教育の現状と今後の課題などについて

貴重なお話をしていただけました。

書芸院懇親会

講演会に続き、平成25年度 日本書芸院 定時社員総会が同じ会場で引き続き執り行われ、

終了後には同4階 「浪速の間」 にて懇親会が開催されました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.