第11回滴仙会書法展併催 滴仙会新鋭展(仮)

滴仙会も昨年10周年を迎え、今年は新たなスタートを切る年として、

幹部役員の推薦により選抜された作家9名による『滴仙会新鋭展(仮)』を、

第11回滴仙会書法展の特別展として併催することになりました。

この展覧会は、次世代を担う若手作家の日頃の研鑽の成果発表及び育成の場になればという趣旨のもと企画されたのもで、

選抜された作家が、企画から展示等全てにわたり自分たちで完結することを目標としています。

 

●第11回滴仙会書法展併催 滴仙会新鋭展(仮)出品者9名

荒川瑠川・遠藤玄清・岡西光剡

小郷翔空・小松璐秋・小室珠雪

西本聖雲・室田清葉・吉田柏蓮

 

ただ、今回初めての試みとなる展覧会ですので、大成功に終えることが出来るのか、まだまだ課題は山積みですが、

選抜作家一丸となり、これらを乗り切り大成功を収めることが出来るよう精一杯頑張っていきたいと思っておりますので、

どうか温かく見守っていただければと思います。

 

3月11日午前9時より滴仙会事務所におきまして、

選抜作家(この日は遠方2名は欠席の為、計7名)による

(正式な)第1回目の企画会議が行われました。

20130311-160023.jpg

この日は、「新鋭展(仮)」の正式名称、開催までの流れ、作品体裁などが話し合われ、

それぞれの今回の展覧会に対する意気込みや思いが窺えた実りある会議となりました。

なるべく月1回程度のペースで会議を行い、皆で団結し進めていければと思います。

次回の報告をお楽しみに!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA