Posts in Category: 未分類

改組 新 第5回 日展(第5科 書)入選者発表(滴仙会関係)

2018年10月22日に改組 第5回 日展(第5科 書)の
入賞・入選者が発表されました。

滴仙会より出品及び入選された方は以下の通りです。
おめでとうございました。

会員出品
伊藤 一翔 (兵庫)審査員

入選(会友)
福田 蕉溪 (奈良県天理市)
安田 東鶴 (大阪府大阪市)

入選
岡西 光剡 (兵庫県尼崎市)
北村 桂香 (長崎県諫早市)
菅野 東紅 (兵庫県加古川市)
西村 和香 (宮崎県延岡市)
西本 聖雲 (兵庫県神戸市)
野田 岳豊 (兵庫県神戸市)
長谷川長龍 (秋田県秋田市)
堀川 寶文 (兵庫県神戸市)
萬田 珀笋 (大阪府高槻市)

新入選
小松 璐秋 (秋田県秋田市)
安野 恭心 (兵庫県姫路市)

東京新国立美術館にて11月2日(金)より開催されます。

詳しくは日展ホームページにてご確認下さい。


第16回 瑩神会書道展 開催報告

第16回 瑩神会書道展を終えて

滴仙会書法展と同じ年から始まった「瑩神会書道展」は、第16回展を迎え、秋晴れ爽やかな10月13・14日の二日間、大阪北浜の大阪美術倶楽部(旧鴻池邸)で開催されました。
社中展という事もあり、篆隷楷行草・仮名・調和体・水墨画・篆刻に至るまで、出品は自由ですが、一つ条件があるとすれば、それは品格の高い作品に仕上げるという事です。1年のお稽古の集大成として、或いは日頃書きたいとは思っていても、なかなか書く事ができないものに挑戦したり、各自がそれぞれの想いで作品を発表しました。会場が床ではなく畳なので、落ち着いた雰囲気があるのと、いろいろな書を楽しめるという事もあり、この展覧会に来るとホッとします…というお声を頂く事もしばしばあり、有難い事だと思います。確かに少しずつではありますが、1年毎に充実した作品が増えてきていますので、油断なく精進を重ね、より良いものを創り出して頂きたいと願います。
それと私のライフワークである1年1作の折帖作品、22作目となる今年は「寒花帖」と命名しました。冬を詠った漢詩や和歌、水墨画など小さいながらも44作を集め折帖に仕立てたもので、今の自分の精いっぱいの作品です。23作目に向かい、また一年頑張りたいと存じます。
ご多忙の中お越し頂きました滴仙会幹部の先生方や会員の方々、そして他会派からも多数ご来場賜り、有難うございました。紙面をお借りして、厚く御礼を申し上げ展覧会の報告とさせて頂きます。(文責 安田東鶴)