第37回読売書法展

第37回読売書法展は4月から作品募集を行い、8月1日から東京・池袋のサンシャインシティで厳正な審査が行われました。
しかし、コロナウイルス感染症の拡大により展覧会は行われましたが、表彰式と祝賀会は全て中止となりました。残念!

第37回読売書法展の入賞・入選者が発表されました。(下記は滴仙会関係の方々です)

おめでとうございました。!!!!


第26回全日本高校・大学生書道展

学生書道のグランプリ「第26回全日本高校・大学生書道展」の審査が行われ、入賞作品が決定しました。審査の結果、滴仙会からは最高賞の「全日本高校・大学生書道展大賞」4名、「全日本高校・大学生書道展賞」6名、「優秀賞」48名が選ばれました。
例年優秀賞以上の作品は、大阪市立美術館・地下展覧会室に陳列され(8月下旬)、これに伴う授賞式も行われておりますが、これまでにない勢いで全国に急拡大しております新型コロナウイルス感染症の拡大防止を考慮し自粛が求められる現在の状況では、残念ながら中止せざるを得ないとの結論に至りました。来年こそは皆さんの力作を直接会場にて観覧いただける状況となっていることを切に願っております。


第19回滴仙会書法展 学生の部 開催報告

 

第19回滴仙会書法展が令和3年7月9日(金)から11日(日)の3日間、兵庫県立美術館王子分館原田の森ギャラリーにて開催されました。幸いにも、今回の第19回滴仙会書法展の開催時期には感染者数の勢いもいくらか収まり少しだけ安心した状況の中、無事に展覧会が行われたことは本当によかったと思います。初日こそ豪雨による警報などで先行きが不安な開催となりましたが、土曜日・日曜日とも天気も良好で、コロナ禍という事を忘れさせてくれる程の入場者数となりました。外出自粛ムードもあり遠方の方のご来場は中々難しい様でしたが、近隣の方々のご来場により、3日間で4,200名を超える大勢の会員とご家族が、ご来場下さいました。感染対策などの準備や対応で、新しいかたちの展覧会を求められる中、何が正解なのかがわからない状況の開催でしたが、無事に終えることが出来たことに心より感謝いたします。今年度の出品数は、高校生が125点 中学生・小学生・幼年が1775点 合計1900点、内上位入賞者は、高校生46点、中・小学生193点となりました。


第19回滴仙会書法展 一般の部 開催報告

第19回滴仙会書法展が令和3年7月9日(金)から11日(日)の3日間、兵庫県立美術館王子分館原田の森ギャラリーにて開催されました。
昨年の第18回展は新型コロナウイルス感染症の感染拡大の恐れと、緊急事態宣言の発令などにより、皆様の安全を考慮し中止となりました。今年こそは以前のような日常が戻り、何事も無かったかのように展覧会も行われる状況を想像しておりましたが、現実はそう甘くはなかったようです。幸いにも、今回の第19回滴仙会書法展の開催時期には感染者数の勢いもいくらか収まり少しだけ安心した状況の中、無事に展覧会が行われたことは本当によかったと思います。初日こそ豪雨による警報などで先行きが不安な開催となりましたが、土曜日・日曜日とも天気も良好で、コロナ禍という事を忘れさせてくれる程の入場者数となりました。外出自粛ムードもあり遠方の方のご来場は中々難しい様でしたが、近隣の方々のご来場により、3日間で4,200名を超える大勢の会員とご家族が、ご来場下さいました。感染対策などの準備や対応で、新しいかたちの展覧会を求められる中、何が正解なのかがわからない状況の開催でしたが、無事に終えることが出来たことに心より感謝いたします。
今回は密を避け、出品者や来場者、スタッフの安全を守るために授賞式と懇親会は早急に中止と決定し、展示のみの開催となりました。以前のように盛大に執り行える日常が戻ることを願いつつ、来年の20回展へ向け新たなる挑戦と対策、更には記念企画も考えておりますので、より多くの方にお越しいただけるよう皆様には何卒ご協力いただきます様よろしくお願い申し上げます。


第19回滴仙会書法展(一般の部・学生の部)審査会・審査結果

昨年よりのコロナウイルス感染症の感染拡大により「第18回滴仙会書法展」はやむなく中止となりました。今年の計画と予定では感染対策の対処も定着し感染も落ち着いて展覧会も通常通りに行えると思っておりました。しかし、更なるコロナウイルスの感染拡大により再度の緊急事態宣言が発令されました。当初は令和3年5月11日(日)原田の森ギャラリー101号室にて「第19回滴仙会書法展(一般の部)」審査会を行う予定でしたが、原田の森ギャラリーも閉館となり審査会場が使えなくなり、審査会も行えなくなりました。そんな状況の中、急遽予定を変更し一週間後の5月17日(月)に滴仙会事務所の会議室にて、副理事長以上の先生方にお集まりいただき、「第19回滴仙会書法展(一般の部・学生の部)」の審査をしていただくこととなりました。審査当日は午前中には学生の部・午後より一般の部を長時間に渡り、伊藤理事長・西本顧問・沼田副理事長・安田副理事長による厳正な審査を行っていただきました。先生方お疲れさまでした。

以下、審査結果は下記のとおりとなりました。

第19回滴仙会書法展 一般の部出品入賞名簿 ←これをポチッと!

第19回滴仙会書法展 学生の部出品入賞名簿 ←これをポチッと!


第75回日本書芸院展(役員展)開催

毎春恒例の「伝統と創意」第75回日本書芸院展は4月21日(水)~24日(土)まで大阪国際会議場三階 特設会場にて開催されました。昨年は緊急事態宣言により開催は中止となりましたが、今年は何とか開催されました。しかし、更なるコロナウイルス感染症の拡大に伴い、予定されていた開会式や記念講演会、ギャラリートークなどの関連行事は感染予防のため全て中止となり、最終日の25日(日)は緊急事態宣言発令の為、大阪国際会議場も閉館となりました。誠に残念ではございますが、緊急事態の中では致し方ないことです。

尚、この展覧会の様子は日本書芸院のホームページにアクセスいただければ、インターネット上で展覧会場の様子をご覧いただけるようになっております。VR(バーチャルリアリティ)会場は展覧会終了後も無料で公開される様ですので、是非ご覧ください。

日本書芸院のホームページはこちら

滴仙会から出展されました14名の先生方の作品はこちら


第75回日本書芸院 四月展

第75回日本書芸院四月展が令和3年4月6日より4月11日まで大阪市立美術館地下展示場にて開催されました。四月展は一科審査会員を対象にした展覧会です。今回は大阪の鵜飼豊山先生・神戸の岡西光剡先生が日本書芸院展最高賞の史邑賞を受賞されました。
大賞は稲田白扇・稲葉由華・乾淘笋・大隅雅楓・友定美翠・中村翠月・山岸翠蓼・山出渓雨の8名の先生方が受賞されました。皆様おめでとうございました~
しかし今年の授賞式と六月展はコロナウイルス感染拡大の為に授賞式は中止となりました。残念!!


『滴仙会 学生の部 書き初め展』(誌上展)

◇滴仙会学生の部書き初め展結果報告◇

この度は「滴仙会学生の部書き初め展」に多数ご出品いただき誠にありがとうございました。
去る1月18日、滴仙会本部会議室にて厳正に審査が行われました。入賞・入選おめでとうございました。
滴仙誌2021.03月号59~62ページにも入賞・入選一覧を掲載しておりますので是非ご覧ください。
又、優秀作品を滴仙誌上・滴仙会ホームページにて掲載しております。

入賞・入選一覧はこちら
優秀作品一覧はこちら
優秀作品個別はこちら


令和三年 明けましておめでとうございます

明けまして おめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

     書道研究 滴仙会


洲本「きぼうの図書館」看板揮毫が神戸新聞に紹介されました。

2020年11月10日に兵庫県の淡路島の洲本市に「きぼうの図書館」が開館しました。その図書館の看板文字を当会 常任理事の横手希翔先生が主宰されている書道教室の児童(津田さん・石田さん)が揮毫され、京都工芸繊維大学の大学院生らにより看板が作成されました。その紹介記事が神戸新聞に掲載されましたので、ここにご紹介させていただきます。
※神戸新聞のデジタル版でも掲載されていますので、是非ご覧ください。☆記事リンク


改組 新 第7回 日展 開催

改組 新 第7回 日展が10月30日(金)より11月22日(日)まで東京六本木の国立新美術館開催されています。
今年はコロナウイルス感染症の感染拡大により、開催も危ぶまれたようですが、関係者の皆様のご努力により、なんとか開催できたようです。
今回、滴仙会からも多数の方が出品しましたが、厳しい審査をくぐり抜け野田岳豊先生・安野恭心先生の2名の先生が見事入選されました。
今年はコロナ禍の開催の為、入選者の内覧会や第五科書の入選入賞懇親会及び開幕当日のテープカットなども行われず、少し寂しい日展の開催となりました。滴仙会としては今回は2名の入選となり、少し残念な結果となってしまいました。依然日展は展覧会の最高峰・最難関です。来年からもまだまだ厳しい審査が続きますが、更なる技術向上と感性を養い新たな気持ちで書作に励んでいきたいと思います。


滴仙会学生の部書き初め展(誌上展)募集要項


兵庫の書展 開催報告

令和2年9月1日(火)~7日(月)の期間に「兵庫県書作家協会創立70周年記念-2020 令和からの発信-兵庫の書展」が三会場に分かれ開催されました。滴仙会からも伊藤一翔理事長をはじめ多くの先生方に出品協力をいただきました。
【特別会場】の兵庫県立美術館ギャラリー棟3階(9月1日(火)~6日(日))では、戦後の混迷期に書文化の灯を絶やさぬようにと、漢字・かな・篆刻・前衛書の垣根を取り除き「和」を基とした書道団体「兵庫県書作家協会」の発足・発展に尽力された《先達作家》30名に加え、現在日本書道界をリードする《現代書壇作家》6名の作品が展示が行われました。
【第1会場】の大丸神戸店9階大丸ミュージアム〈神戸〉(9月2日(水)~7日(月))では、現在日本書道界をリードする本協会顧問の先生方をはじめ、参事・参与・理事175名の先生方の作品が展示されました。会場が百貨店ということもあり、お買い物と共に展示会場にお越し下さる方々が多く見受けられ、連日多数の観覧者に恵まれました。また、「兵庫県いけばな協会」より28名の先生方による協力出瓶もあり、会場は一層華やかな雰囲気となりました。
【第2会場】の兵庫県民会館内の兵庫県民アートギャラリー(9月2日(水)~7日(月))では、評議員・委員398名の先生方の作品が展示されました。
詳しい内容と写真は兵庫県書作家協会のホームページでご覧ください。

兵庫県書作家協会のホームページアドレス https://hyogo-sho.jp/


8月・9月作品選別添削会の開催報告

「秋季作品選別添削会の開催報告」

お盆休み明けの8月817日(月)伊藤一翔理事長による「秋季作品選別添削会」が開催されました。この度のコロナ禍での緊急企画として、伊藤一翔理事長によるリモート(個別添削動画返信)による作品の選別と添削を行っていただく機会を設けました。伊藤理事長・スタッフの皆さまお疲れ様でした。
また、添削会には多数お申し込みいただきありがとうございました。日展出品予定作品や漢字条幅、かな条幅、半紙作品など様々な作品の応募がありました。今回お申込みいただいた方々には、既に添削作品と動画をお送りしておりますので、何度も見返しながら今後の書作にお役立ていただき、是非良い作品を仕上げて下さい!
中々の好評を得ましたので、第二弾もどこかで開催したいと考えております。


滴仙会関連行事の中止と延期について