Posts in Category: お知らせ

漢字条幅を学ぼう講習会② 開催報告

令和元年11月4日(月・祝)兵庫県立美術館王子分館原田の森ギャラリーにて滴仙会主催「漢字条幅を学ぼうー半切から二尺×八尺までー②」と題した初心者講習会を開催致しました。
今年の受講者の方は北は秋田から、更に地球のほぼ裏側フロリダよりご参加いただきました。遠路はるばるお越しいただきご苦労様でした。
今回は、初めて漢字条幅に取り組み始めた方や師範試験受験直前の方はもちろん、指導者としての指導方法を学びたい先生なども参加され、今まで独学で学んでいて間違った知識のまま書き進んできてしまった事や漢字条幅作品の書き方、筆使いの初歩的な疑問など、今更聞けないあんな事こんな事を、講師の伊藤一翔理事長が模範揮毫を交えながら懇切丁寧に説明・指導されました。 穏やかな秋の気候の中、充実した講習会を参加者の方々に味わっていただけたのではないでしょうか?
今後も、一人でも多く書道の楽しさを感じていただけるような充実した講習会を開催できればと思います。


改組 新 第6回 日展 開催

改組 新 第6回 日展が11月1日(金)より11月24日(日)まで東京六本木の国立新美術館開催されています。日展112回目!令和元号の最初のの日展です。
今回、滴仙会からも多数の方が出品しました。その厳しい審査をくぐり抜け、見事入選を果たし、4名の先生方が入選しました。見事入選を果たした4名の先生方が開会前日の10月31日に内覧会に駆けつけました。その晩には、第五科書の入選入賞懇親会が、ザ・プリンスパークタワー東京にて盛大に行われました。出席された先生方お疲れ様でした。そしておめでとうございました。
11月1日午前9時45分より日展 奥田小由女理事長、宮田亮平文化庁長官による開催の挨拶、そしてテープカットが行われ、無事開幕いたしました。
昨年は滴仙会発足以来の最多の13名の方が入選しましたが、今回は少し残念な結果となってしまいました。依然日展は展覧会の最高峰です。来年からもまだまだ厳しい審査が続きます。更なる技術向上と感性を養い新たな気持ちで書作に励んでいきたいと思います。