Posts in Category: 未分類

第19回滴仙会書法展(一般の部・学生の部)審査会・審査結果

昨年よりのコロナウイルス感染症の感染拡大により「第18回滴仙会書法展」はやむなく中止となりました。今年の計画と予定では感染対策の対処も定着し感染も落ち着いて展覧会も通常通りに行えると思っておりました。しかし、更なるコロナウイルスの感染拡大により再度の緊急事態宣言が発令されました。当初は令和3年5月11日(日)原田の森ギャラリー101号室にて「第19回滴仙会書法展(一般の部)」審査会を行う予定でしたが、原田の森ギャラリーも閉館となり審査会場が使えなくなり、審査会も行えなくなりました。そんな状況の中、急遽予定を変更し一週間後の5月17日(月)に滴仙会事務所の会議室にて、副理事長以上の先生方にお集まりいただき、「第19回滴仙会書法展(一般の部・学生の部)」の審査をしていただくこととなりました。審査当日は午前中には学生の部・午後より一般の部を長時間に渡り、伊藤理事長・西本顧問・沼田副理事長・安田副理事長による厳正な審査を行っていただきました。先生方お疲れさまでした。

以下、審査結果は下記のとおりとなりました。

第19回滴仙会書法展 一般の部出品入賞名簿 ←これをポチッと!

第19回滴仙会書法展 学生の部出品入賞名簿 ←これをポチッと!


『滴仙会 学生の部 書き初め展』(誌上展)

◇滴仙会学生の部書き初め展結果報告◇

この度は「滴仙会学生の部書き初め展」に多数ご出品いただき誠にありがとうございました。
去る1月18日、滴仙会本部会議室にて厳正に審査が行われました。入賞・入選おめでとうございました。
滴仙誌2021.03月号59~62ページにも入賞・入選一覧を掲載しておりますので是非ご覧ください。
又、優秀作品を滴仙誌上・滴仙会ホームページにて掲載しております。

入賞・入選一覧はこちら
優秀作品一覧はこちら
優秀作品個別はこちら


改組 新 第7回 日展 開催

改組 新 第7回 日展が10月30日(金)より11月22日(日)まで東京六本木の国立新美術館開催されています。
今年はコロナウイルス感染症の感染拡大により、開催も危ぶまれたようですが、関係者の皆様のご努力により、なんとか開催できたようです。
今回、滴仙会からも多数の方が出品しましたが、厳しい審査をくぐり抜け野田岳豊先生・安野恭心先生の2名の先生が見事入選されました。
今年はコロナ禍の開催の為、入選者の内覧会や第五科書の入選入賞懇親会及び開幕当日のテープカットなども行われず、少し寂しい日展の開催となりました。滴仙会としては今回は2名の入選となり、少し残念な結果となってしまいました。依然日展は展覧会の最高峰・最難関です。来年からもまだまだ厳しい審査が続きますが、更なる技術向上と感性を養い新たな気持ちで書作に励んでいきたいと思います。


滴仙会学生の部書き初め展(誌上展)募集要項


兵庫の書展 開催報告

令和2年9月1日(火)~7日(月)の期間に「兵庫県書作家協会創立70周年記念-2020 令和からの発信-兵庫の書展」が三会場に分かれ開催されました。滴仙会からも伊藤一翔理事長をはじめ多くの先生方に出品協力をいただきました。
【特別会場】の兵庫県立美術館ギャラリー棟3階(9月1日(火)~6日(日))では、戦後の混迷期に書文化の灯を絶やさぬようにと、漢字・かな・篆刻・前衛書の垣根を取り除き「和」を基とした書道団体「兵庫県書作家協会」の発足・発展に尽力された《先達作家》30名に加え、現在日本書道界をリードする《現代書壇作家》6名の作品が展示が行われました。
【第1会場】の大丸神戸店9階大丸ミュージアム〈神戸〉(9月2日(水)~7日(月))では、現在日本書道界をリードする本協会顧問の先生方をはじめ、参事・参与・理事175名の先生方の作品が展示されました。会場が百貨店ということもあり、お買い物と共に展示会場にお越し下さる方々が多く見受けられ、連日多数の観覧者に恵まれました。また、「兵庫県いけばな協会」より28名の先生方による協力出瓶もあり、会場は一層華やかな雰囲気となりました。
【第2会場】の兵庫県民会館内の兵庫県民アートギャラリー(9月2日(水)~7日(月))では、評議員・委員398名の先生方の作品が展示されました。
詳しい内容と写真は兵庫県書作家協会のホームページでご覧ください。

兵庫県書作家協会のホームページアドレス https://hyogo-sho.jp/


8月・9月作品選別添削会の開催報告

「秋季作品選別添削会の開催報告」

お盆休み明けの8月817日(月)伊藤一翔理事長による「秋季作品選別添削会」が開催されました。この度のコロナ禍での緊急企画として、伊藤一翔理事長によるリモート(個別添削動画返信)による作品の選別と添削を行っていただく機会を設けました。伊藤理事長・スタッフの皆さまお疲れ様でした。
また、添削会には多数お申し込みいただきありがとうございました。日展出品予定作品や漢字条幅、かな条幅、半紙作品など様々な作品の応募がありました。今回お申込みいただいた方々には、既に添削作品と動画をお送りしておりますので、何度も見返しながら今後の書作にお役立ていただき、是非良い作品を仕上げて下さい!
中々の好評を得ましたので、第二弾もどこかで開催したいと考えております。


第55回兵庫県書道展 開催

第55回兵庫県書道展は令和2年2月15日(土)~3月1日(日)まで展覧会は原田の森ギャラリーにて行われましたが、2月29日(土)に予定しておりました「第55回兵庫県書道展授賞式・懇親会」は、新型コロナウイルス感染拡大の恐れもあり、今年度は中止となってしまいました。

以下は滴仙会より出品され入賞された方々です。おめでとうございました。


2019 滴仙会 秋季錬成会

9月7日(土)から9日(月)までの3日間、神戸市須磨区「国民宿舎 シーパル須磨」にて2019秋季錬成会が開催されました。まだまだ暑さの残る3日間でしたが、今年最後の錬成会(日展の作品作り)ということで、地方からも多数ご参加いただき、いつもより少人数ながらも非常に有意義な錬成会となりました。添削会場では伊藤一翔理事長にご指導いただきました。昨年は審査員のため出席できなかった分、いつにも増して熱心に、またひとりひとり懇切丁寧にご指導して頂きました。錬成会場では幹部の先生方々に夜中までご指導いただき、手本の揮毫や修正などの熱心なご指導がいただけました。
来年も春季、夏季、秋季と3回錬成会が行われますが、国民宿舎 シーパル須磨での錬成会は今回で最後となります。
来年の春季練成会は2月22日~24日はより「寿楼 臨水亭」にて行います。(夏期・秋季は未定です。)
是非幹部の先生の指導を生で味わい、自分自身の実力を更に高めていただけたらと思います。
来年も多数のご参加お待ちしております!


第24回全日本高校・大学生書道展

学生書道のグランプリ「第24回全日本高校・大学生書道展」の審査が行われ、入賞作品が決定しました。審査の結果、滴仙会からは最高賞の「全日本高校・大学生書道展大賞」1名、「全日本高校・大学生書道展賞」6名、「優秀賞」14名が選ばれました。優秀賞以上の作品は8月20日~25日まで、大阪市立美術館・地下展覧会室に陳列され、8月25日にはリーガロイヤルホテルにて授賞式が行われました。


第17回滴仙会書法展 懇親会

令和元年7月15日(月・祝)午前中より行われた「学生の部」授賞式、「一般の部」授賞式と続き、午後2時30分からは例年のごとく祝賀懇親会が、ANAクラウンプラザホテル神戸、10階ザ・ボールルームにて行われました。懇親会には、全国各地から集結した役員・会員・受賞者など約180名が出席、又授賞式より引き続きご来賓の方々にもご臨席賜り、いつもの歌や踊り有り、滴仙会ならではの盛大で楽しく華やかなひと時を過ごし、第17回展は滞りなく閉幕となりました。来年の18回展へ向け新たなる挑戦を、そして滴仙会書法展にはより多くの方にお越しいただけるよう新企画も考えておりますので、皆様何卒ご協力いただきます様よろしくお願い申し上げます。 


第17回滴仙会書法展 一般の部 授賞式

第17回滴仙会書法展の最終日にあたる7月15日(月・祝)、午前中に行われた「学生の部」授賞式に引き続き、午後1時からは、「第17回滴仙会書法展 一般の部 授賞式」がANAクラウンプラザホテル神戸 9階ジャスミンのお部屋にて厳粛にとり行われ、全国より集まった60名の受賞者に賞状と記念品が手渡されました。その後、最高賞の滴仙大賞を受賞された上吉川珠寳さんが受賞者を代表して謝辞を述べられ授賞式は無事終了しました。

以下は受賞者代表の上吉川珠寳さんのお礼の言葉です。

御礼の言葉
この度は第17回滴仙会書法展におきまして栄えある滴仙大賞を頂き、厚く御礼申し上げます。これも偏に理事長伊藤一翔先生始め諸先生方のお陰と深く感謝しております。もう一度書道を学びたいという永年の夢を叶え、堀川寶文先生の門下生として十年余り、その間伊藤先生、堀川両先生の厳しくも温かいご指導を頂き、又書に対しての真摯なお姿に深く感銘を受けました。そして良き先輩や同輩、理解ある家族に助けられ、恵まれた環境の中で精進してこられた事を幸せに思い、本当に感謝しております。
新元号令和の始まりと滴仙誌刊行200号という記念すべき年のこの受賞は、私にとって夢のようで生涯忘れられないものとなりました。
まだまだ未熟ではございますが、これを機に初心にかえり努力して参る所存でございます。どうぞ今後共ご指導ご鞭撻の程、何卒宜しくお願い申し上げます。又、この様な素晴らしい展覧会、授賞式を開催下さいました滴仙会の先生方、関係者の皆様のご尽力に御礼申し上げますと共に皆々様のご健勝と、滴仙会の益々のご発展を祈念致しまして御礼の言葉とさせて頂きます。
本日は誠にありがとうございました。
令和元年7月15日                                                  受賞者代表 上吉川珠寶


第17回滴仙会書法展 学生の部 授賞式

 7月15日(月・祝)午前11時より「第17回滴仙会書法展学生の部授賞式」ANAクラウンプラザホテル神戸 、10階ザ・ボールルームにて行われました。広い豪華な会場は、全国各地から来られた高校生から小学生までの受賞者とご父兄の方々で超満員となりました。高校生の部で滴仙大賞を受賞された中村優花さん(創作の部)や國本朋伽さん(臨書の部)、中・小学生の部で大阪府知事賞を受賞された松田茉倫さんらをはじめとする230名の受賞者が壇上に上がり表彰されました。皆様おめでとうございました。


第17回滴仙会書法展 学生の部 開催

今年で17回目を迎える滴仙会書法展が令和元年7月12日(金)から15日(月・祝)まで、今回は例年の3日間より1日多い4日間、兵庫県立美術館王子分館原田の森ギャラリーにて開催されました。
今年度の出品数は、高校生が137点 中学生・小学生・幼年が2121点 合計2258点、内上位入賞者は、高校生42点、中・小学生237点となりました。
昨年の第16回展は西日本豪雨災害という大雨にみまわれ最悪の天候と交通事情で散々な初日を迎えましたが、今回は最高の天候ではなかったものの、まずまず良好でした。
令和元年になり初めての展覧会。そして、滴仙会の機関誌である書道研究『滴仙』の創刊200号を記念した特別併催「―新たな元号の年に―展」と題した誌上展と展覧会を企画し開催することになりました。「『滴仙』200号記念展の幹部の小作品を展覧会終了後に抽選にて読者プレゼント」というお楽しみ企画の効果もあり、多くの来場者を迎え、4日間で延べ200名を超える大勢の会員とご家族が、展覧会場に訪れました。

会場の模様は、下記の特設ページにてご覧いただけます。
(下記をクリックしてください)

第17回滴仙回書法展(学生の部)会場


2019滴仙会 夏季錬成会

令和元年6月1日から3日の3日間、滴仙会主催の夏季錬成会が、神戸市須磨区のシーパル須磨で行なわれました。読売書法展や全日本高校大学生展に向けての作品作りです。伊藤一翔理事長をはじめ西本茜堂顧問・沼田碧漣副理事長・安田東鶴副理事長が参加者の熱心さに応え、いつにも増して熱のこもった作品批評や添削をされ、貴重な御指導を賜る事が出来ました。錬成会は作品制作の場ですが、日頃逢えない遠方の先生方や仲間たち、新たな会員さんとの交流の場です。錬成会未体験の方は是非とも参加してみてくださいね。何か得るものがきっとあるはずです。^_^展覧会に出品するしないにかかわらず、積極的に参加して頂きたいと願っています。次回は9月7日~9日に開催予定です。


第47回 日本の書展 関西展 開催

5月3日(金・祝)~5月5日(日・祝)まで第47回「日本の書展」関西展(午前10時~午後5時)がマイドームおおさか(1・2階展示ホール)にて開催去れました。令和元年最初の展覧会です。開催初日の12時30より開催披露パーティーも催され連休の中、多くの出品者が出席されました。滴仙会からも伊藤理事長を始め16名の先生方が出品させていただきました。